2018.07.21 Sapporo.Scala #1 に参加しました

Sapporo.scala勉強会が開催されるということで、関数型言語に興味があったので参加してみました。

 

最近PHPの現場というポッドキャストをよく聴いているんですが、この回でChatWorkはPHPからScalaに移行したというお話をされていて結構タイムリーだったというのもあります。

 

13:00-13:15 受付
13:15-14:20 ドワンゴ社Scala研修テキストを読む会 (冒頭に水島さんのセッション) 14:20-14:30 休憩
14:30-16:00 スピーカーによるセッション

 

会場はいつものごとくインフィニットループさんの会議室でした。

 

1.ドワンゴ社Scala研修テキストを読む会

 

株式会社ドワンゴ 水島さんによる新入社員研修についてのセッション

・テキストの目的
しっかりとした解説。初心者向けのごまかしを入れない。
マニアックな機能の紹介は避ける。
言語を学ぶことにフォーカス。

・Scala研修
2週間で簡単な画像アップロード掲示板を作る

・自習ベースでの研修をしている
人によって理解速度の差は大きい
できない人に合わせるとデキる人がつまらない
でも1日ごとの到達目安は置く

・グループディスカッション
4・5人のグループ
研修生同士が教える
講師は進捗の確認に役立つ
学習したこと、難しかったとなどを話す。

・質問
2週間でScalaの基礎が身につくものか?
大体は身につく。ドワンゴの新入社員のレベルが高いというのもあるかもしれないが、そんなに難しくないと考えている。
こういう書き方もあるよじゃなくて基本的にこういう書き方だと教える。応用や発展はプラスアルファで教える。

・研修後半のPlayFrameworkは公開しないのか?
作者が忙しい。更新頻度が高いので、メンテコストが高いそう。

 

2.テキスト読み合わせ
https://dwango.github.io/scala_text/

match式あたりから難しかった。

「式(Expression)」は、プログラムを構成する部分のうち、評価が成功すると値になるもの

「文(Statement)」ですが、式とは対照的にプログラムを構成する部分のうち、評価しても値にならないもの

式と文については、今まで意識して考えたことがなかったので1つ学んだ。

 

3. セッション

スピーカー Sapporo.Scalaを立ち上げたy_iwaiさん @dont_cocoa

『Scala一色に染めてみる』

・Sapporo.Scalaの立ち上げについて
ScalaMatsuriの熱に触れて
関数型言語に触れてこなかったが、Scalaに触ってしっくりきた。
関数型のアプローチを知る。
初心者が躓くポイントをフォローしたい
Scala.js
GraalVMについて

 

 

札幌は勉強会はあまりないので、こういった勉強会に参加するのはほぼ初めてだったんですが非常に刺激になりました。

Scalaは技術書が難しくてとっつきにくそうだし、とりあえず学びながらなにか作れるN予備校のプログラミング講座受けてみようと思いました。

普段はPHPを使っていてScalaを使う機会はないけど、身近に学べる機会ができたので積極的に学んでみることにします。